車買取 車検残

車検残によって買取価格に差が出る?

自動車を売却する際には、なにかと小さなことでも買い取り価格に差がでてきます。

 

高額査定を引き出すためのおすすめ一括査定利用法

その中でも気になることといえば、車検残です。
もしあなたの愛車の車検の日がすぐの場合に、
車検を行ってから売却したほうがいいのか、
車検を行わずにそのまま売却したほうがいいのかは考えどころです。

 

もちろんのことですが、車検残がかなり多く残っている場合ですと、
中古の自動車の価値はあがりますので、買取価格は上がります。
しかしだからといって、わざわざ車検にだすとなると、
その車検のための費用がかかりますので、損をする可能性は大きいです。

 

なぜかというと、車検を一度行うのに一般的には十万円から十五万円程度は費用がかかってきますが、
買取査定額の値上がりというのは、良い場合でもたったの数万円程度だけなので、
車検の費用分以上に買取価格はアップしません。

 

高額査定を引き出すためのおすすめ一括査定利用法

そのため、もし車検残が有効期間よりも半年前であれば車検残は有りとみなされ、
半年以下、半年をきった場合には車検残無と見なされます。
車検残によってもたったの数万円の違いといえども、お金はお金ですから、
少しでも買い取り価格がアップのに良いにこしたことはありません。

 

 

>> 車を売るなら、高く売る方法で! <<