車下取り メリット デメリット

車下取りのメリット・デメリット

車の売却で真っ先に思いつくのは、新しい車の購入と同時に行う方法です。
いわゆる下取りと言われる方法で、今まで乗ってきた車の売却代金を、新しい車の購入代金の一部に充当する方法です。
そこで、ここでは下取りのメリット・デメリットを考えてみます。

 

メリットとして最初に思い浮かぶのが、手続きが簡単であることです。
車の購入先と車の売却先が同じですので手続きが一度で済みますし、売却先の営業マンが全ての手続きを行ってくれます。
とにかく面倒な手間は省きたいという方は、下取りが一番です。

 

また、新しい車の納車には時間がかかりますが、それまで自分の車に乗り続けることがでできることもメリットの一つです。
新車の下取りは、納車と同時に車を引き取ってもらうのが当たり前なのです。
また、提示された下取り額は納車時まで変わりません。
新車の納車には数カ月から半年待たなければならない人気車種もありますが、こうした場合でも、購入契約時点で下取り価格も決まります。
更に、買取査定では値段がつかないような車でも、新車の下取りなら値段がつくこともありますし、ちょっとした無理がききやすいこともメリットの一つです。

 

反対にデメリットもあります。
一つは、社外品など自分で気に入っているものでも、プラスに評価されることは少ないということです。
こうしたものは、買い取り専門店などの方が高く評価される可能性が高いのです。
二つ目としては、一番重要な点ですが、買取専門店の買取価格よりも下取り価格が安いことです。
インターネット上でも、こうした口コミは多くみられます。
一見高い下取り額を提示されても、値引き額を下取り額に上乗せしているだけという可能性がありますので、自分の車の査定額の相場をしっかり調べておくことが必要です。
下取りよりも数十万円高く車を売る方法はコチラ

車下取りのメリット・デメリット関連ページ

オークションでの売却
オークションでの車の売却は高く売れるという非常に高いメリットがありますが、反対にデメリットも特に考えておく必要のある売却法です。
車の売却方法により異なるメリット
車の売却方法によりメリットは異なります。各売却方法の代表的なメリットについて。
車の維持費を削減できる
車を売却することによって大きな費用となる車の維持費を削減できることになります。
車を現金化
車の買取は、イコール車を現金化することができることになります。ですから、現金が必要な場合には買取の売却法を選択することがベストです。