車売却 方法 メリット

車の売却方法により異なるメリット

車を売却するときのメリットは、売却方法によって変わってきます。
車の売却方法には、個人売買、ネットオークション、買い取り専門業者、ディーラーへの売却などがあります。

 

まずは個人売買のメリットについてですが、ひとつ目には業者を通さないので、高く売ることが出来るということです。
個人売買では、まず自分の希望の価格を提示することができ、そこから交渉がスタートするので、高く売れる確率が非常に上がります。

 

次にネットオークションですが、何と言っても一番のメリットは、ネットオークションを利用すると、全国規模で買い手を募集することができるので、ほぼ確実に売ることができるということです。
これは、ネットでの最大のメリットと言えます。
また、オークションは買い手と直接取引ができるシステムとなので非常に高い価格で車を売却することが可能になります。

 

車の買い取り専門業者では、個人売買やオークションのように、交渉や出品作業などをする必要がないので余計な手間がかからないといことがメリットになります。
自分でやることは、査定の申し込みをするだけです。
その後は、査定から支払いまで、全部任せておけるので、仕事が忙しい人などは、有効に利用できます。
また個人売買やオークションでは、名義変更などの手続きでトラブルになることがありますが、こちらも代行してもらえるので安心して取引ができます。

 

最後にディーラーへの売却のメリットは、下取りという形で出すことで、本来なら、売却と購入で二回の手続きが必要ですが、その手間がなくなります。
さらに、次の車の買い替えでオプションなどを優遇してもらえたり、常連客として大幅な値引きや、補償期間の延長、修理などのサポートの充実といった付加サービスを受けられるのもメリットの一つになります。

車の売却方法により異なるメリット関連ページ

オークションでの売却
オークションでの車の売却は高く売れるという非常に高いメリットがありますが、反対にデメリットも特に考えておく必要のある売却法です。
車下取りのメリット・デメリット
車の下取りは手間が少ないことが大きなメリットです。反面、車を高く売れないというのが大きなデメリットでもあります。
車の維持費を削減できる
車を売却することによって大きな費用となる車の維持費を削減できることになります。
車を現金化
車の買取は、イコール車を現金化することができることになります。ですから、現金が必要な場合には買取の売却法を選択することがベストです。