オークション 車売却

オークションでの売却

車を売却する方法は、下取りや買取専門店への売却、個人売買、オークションなどの方法があります。
ここでは、オークションで車を売却する場合のメリット・デメリットについて考えてみます。

 

オークションで車を売却する一番のメリットは、人気車種や希少車であれば相場以上の値段で落札される可能性が高いことです。
オークションへの車の出品情報は、全国で数万社という圧倒的に多数の車の販売業者が注目しています。
そうした業者の中には、特定の車種が欲しいという顧客の情報がありますので、確実に買い手が想定される場合には、業者は高値でも落札しようとしますので、高値がつく可能性が高まります。

 

反対に、オークションのデメリットとしては、落札金額に対して手数料をオークションサイトに支払う必要があることです。
車の取引きは高額になるケースが多いので、手数料と言っても結構な金額になる可能性があります。
また、遠隔地のユーザーが落札するケースも考えられます。
名義変更を相手に依頼する場合は、一旦自分で廃車するほうが安全ですが、廃車してしまうと自走はできないので、陸送費用が発生することになります。
ナンバー付のまま送り、先方の住所を管轄する陸運支局で名義変更することも可能ではありますが、この場合には手続きを放置されると自動車税を課税され続けることになります。

 

そして、一番怖いのは、相手の顔が見えないことです。
些細なことでクレームをつけられたり、場合によっては訴えられることも考えられますので、オークションについては事前に十分にそのメリット・デメリットを調べておくことが必要です。

オークションでの売却関連ページ

車下取りのメリット・デメリット
車の下取りは手間が少ないことが大きなメリットです。反面、車を高く売れないというのが大きなデメリットでもあります。
車の売却方法により異なるメリット
車の売却方法によりメリットは異なります。各売却方法の代表的なメリットについて。
車の維持費を削減できる
車を売却することによって大きな費用となる車の維持費を削減できることになります。
車を現金化
車の買取は、イコール車を現金化することができることになります。ですから、現金が必要な場合には買取の売却法を選択することがベストです。