車を売る 基礎知識

車を売る 基礎知識

世の中には色んな類の車種があります。ここでは一般的な車の売却方法を説明します。
車の売却方法の基礎知識として大きく分けて2つのポイントがあり、

ひとつは車売却の流れ、もうひとつは査定前の事前準備です。

 

始めに車売却の流れについてお伝えします。
車を売るにあたって大きく5つの流れがあります。
まずは店へ査定を「依頼」、次に店の「査定」があります。
査定後に査定内訳の説明といった「商談」、合意となった場合契約が「成立」となります。
成立後は必要書類や入金、車両の受け渡しの日程など取り決め実際に「申込み」という流れになります。

 

 

次に査定前の事前準備についてです。
事前に準備として知っておくと特をするポイントが4つあります。

  1. 売却方法の種類について
  2. 査定に出す前に査定額を上げるためのポイント
  3. 書類等の準備
  4. 売却するタイミング

 

まずは売却方法の種類ですが下取りと買取りの2つがあります。
どちらもメリット・デメリットを持ち、どちらを選ぶかは人それぞれです。
ニーズや状況によって異なるのでそれぞれの特性を知ってから選びましょう。

 

下取りとは車交換の前に、現在乗っている車を頭金として査定してもらうことです。

下取りのメリットとしては売却と購入の手続きが一度にでき、車を交換する感覚なので車での移動手段が途切れることがありません。普段の移動が車の方にはお勧めします。
ただしデメリットとして買取りよりも査定額が安く査定額自体あやふやであることがあげられます。
買取りのメリットとしては業者による査定をインターネットなどで頼めるので一斉に査定に出すことができ、より高い査定額を自分で選べます。より高い査定額での売却を考える方には買取りをお勧めします。
ですが買取りとなると次の車を買う前に引き渡しとなるので、一度は車が完全になくなることを想定しておきましょう。

 

 

次に査定額をあげるポイントですが、実は小さなことが査定額に繋がります。
例として洗車をする・車内のにおい、ゴミや汚れなどの掃除をする・車の外装で浅いキズやヘコミはワックスなどを用いて直す・エアコンやオーディオが使用できることを確認する等があります。
簡単にできることをするだけで査定額が上がるので、ぜひ実践してから査定に出しましょう。
逆に大きなキズやヘコミは直すと修理代がかかるので、そのまま査定に出すことをお勧めします。
改造して外した元のパーツや、購入時の付属品としてスペアキー、整備手帳、取り扱い説明書、カーナビなどもある場合は査定額が上がりますので付けましょう。

 

 

3つ目に書類等の準備です。
自動車検査証や自賠責保険証明書、住民票、印鑑証明書などの書類を用意しておくと車の売却がスムーズに行うことができますので、事前に用意してからお店選びや申し込みなど行うことをお勧めします。

 

 

最後に車を売るタイミングです。
厳密には時期など関係はしますが、一概には言い難いので売りたいときに売ることがベストです。
ただモデルチェンジで新しいものが発売されるなどある場合は早い方がより良いでしょう。

 

基礎的な知識を身に付けてご自分にあった車の売却方法を選びましょう。
車を高く売る方法はコチラ

車を売る 基礎知識関連ページ

下取と買取の違い
車を売る方法には、下取りと買取がありますが、査定価格に大きな違いが出ます。車を高く売りたいならどちらがいいのでしょうか。
ここだけは押さえたい車売却のコツ
車売却のコツは、いかにあなたに合った売却法を選べるかです。そして税金の還付もしっかり確認しておきたい項目です。
車を売るとき下取りと買取どっちがお得?
車を売るとき、下取りと買取どっちがお得?だと思いますか?
車の洗車
車を売却するとき、きれいに洗車した方が高く売れると聞きますが本当なのでしょうか?
車売却時の注意点(初心者向け)
はじめて車を売る方向けの、車売却時の注意点をまとめました。