費用 エコ

費用とエコ

一般に、車を新しく購入する時には、それまで乗っていた車を下取りにだすか、買取りのいずれかの売却方法をとります。
事故などで、修理が不可能になるか、もしくは新しく購入したほうが安上がりになる場合は、廃車という選択もあります。
では、車を売却する必要性は何かと問われると、一つは新しい車の購入代金に充てるためです。

 

ディーラーなどで、下取りという形をとることで、売却と購入の手続きが一度に済むので手間が省けて大変ラクです。
また、新しい車が納品されるまで今の車に乗ることが可能なので、車を使用できない期間が無いというのも利点です。
同じ車の売却であっても、買取りの場合は先に車の売却をすることになるので、新しい車の購入はどうしてもその後になり、車を使用できない期間ができてしまいます。
しかし、家に車が数台あり、何台か処分したいというなら買取りという選択をしても生活に支障なく売却でき、なお且つ、査定価格は下取りにだすよりも、買取りしてもらったほうが高額となることが多いためお得です。

 

また、自身の購入代金だけでなく、まだ乗れる車を廃車にするよりも、車は売却して中古車として販売されたほうが、環境に優しいと言えます。
地球温暖化が深刻な時代背景の中で、各々の自動車メーカーからハイブリッドカー、電気自動車、いわゆるエコカーが次々と販売されています。

 

確かにエコカーは燃費がよくCO2の排出を抑制することができ必要なものです。
しかし、古い車をスクラップにすると、スクラップ工場や、スクラップされた車を資源に変えるための工場からもCO2が排出されます。
まだまだ使用できる車は売却して、リユースして使い続けることも地球に優しいことといえます。

費用とエコ関連ページ

若年層の車離れの理由
近年、益々若年層の車離れが加速していますが、その理由は、今の時代仕方のないものなのかもしれませんね。